引きこもり・コミュ障

嫌われる勇気を持つ事で生きづらさを減らす。

どーもどーも、しょーたろー(@syotaro_blog)です。

 

今日は先日ツイートした僕なりの

「自分らしく生きるために必要な事」

「嫌われる勇気を持つ事」

について話していきます!

全員から好かれる事は不可能な事を理解する

まず、ちょっとだけ考えてみてください。

 

学校のクラスには3,40人くらいの人がいます。

もちろん人数は学校にもよりますが、普通に考えてクラスの全員に好かれる人っていないと思うんですよね。

 

どれだけ成績優秀でスポーツ万能でイケメンだったとしても、それが妬ましいと思う人間も恐らくいると思います。

どれだけ完璧だったとしても、逆にそれが腹たつとかで誰かには嫌われる可能性があるんです。

 

それがさらに僕が住んでいる香川県で考えても、100万人くらいの人口がいるわけです。

学校のクラスメイトの比じゃないのに、全員に好かれるなんて無理ですよね?

 

さらにそれが日本の国民全員になれば?

100%無理ですよねw

 

だからそもそも論として、どれだけ輝いて見える人でも誰かには嫌われているんです。

だから誰かに嫌われることは当たり前であって、それに一喜一憂して落ち込んでしまうのはなんだか勿体無いと思います。

狭い世界で嫌われているだけ

嫌われることが仕方ないとしても、やっぱり嫌われるのは嫌だし、しんどいし、辛いですよね、、、

 

僕もこのブログに「意味わかんねー事書いてんなよ!!!」ってコメントが来たら実際問題落ち込むと思いますw

でも落ち込むのはその時だけで、ちょっと時間が経てば大抵忘れてしまうと思います。

 

というのも僕が嫌われていたとしても、それはとてもとても狭い世界での話なんですよ。

・僕には僕を大事だと思ってくれている、友達がいます。

・大好きな彼女だっています。

・今のバイト先の人たちも、お互いにとって大事な人です。

僕にはたくさん僕を好きでいてくれる世界があります。人がいます。

 

だから狭い世界で嫌われたとしても、なんてことはありません。

言いたい人は言わせておけばいいと思ってますw

 

でもまだ人とうまく喋れない時は、バイトに行ってうまく人と喋れないだけで嫌われたとかなり落ち込んでいたのを覚えていますw

その当時はバイト先が僕にとっては狭い世界だということを、認識できていなかったのも大きな原因だと思っています。

 

家に置いてあるパソコンの中の世界と、バイト先の世界しかなかった僕には大きな世界だと錯覚していました。

でも実際問題、世界にはたくさんの人がいるし、たくさんの居場所もあります。

それが分かっていれば、狭い世界で嫌われてもその時凹むだけで済みますからね!

嫌われる勇気を持って僕が変わったこと。

実際僕は嫌われる勇気を持てるようになって、とてもストレスが減りました。

・合わない人とは遊ばなくていい

・やりたいことが沢山できる

・趣味が同じ友達が沢山できた

嫌われる勇気を持って沢山いい事があったし、ストレスがめっちゃ減って生きづらさも減りました。

 

でも当然ですがなんでもかんでも自由気ままにやっている、っていうわけではないですw

 

嫌なことだなと思っても、自分や自分の大事な人のためになるなら率先してやります。

みんなの空気を読んで動いたりも当然します。

 

でもそれはみんなみんな僕が大事にしたいなと思っていたり、尊敬できるような人に限ってです。

興味もないし、一緒にいて楽しくなかったり、居心地が悪い空間のためにはなるべき動きません。

そこには別に嫌われてもいいですからねw

 

そうそう!

嫌われる勇気を持てたから出来たことの1つとして、とあるイベントのステージで歌うなんてこともできましたw

「歌が下手」とか「あいつ調子乗ってない?」とか思われたって別にどうでもいい人に思われたところで、僕の人生に何も影響ないなと思えましたw

まとめ!

・全員に好かれることなど不可能だと理解する

・世界はめちゃくちゃ広いから、狭い世界で嫌われた所で問題なし!

・嫌われる勇気を持てたら、ストレスがめっちゃ減るよ!

嫌われる勇気を持てば沢山いいことがある!

のは本当ですが、そんなに簡単なことじゃないのも分かっています。

 

僕自身こうなるまでには4,5年の歳月が経っています。

でも今までより圧倒的に生きやすいし、沢山友達はできたし、沢山人に好かれるようになったと自分で言い切れます。

嫌なことは嫌だと言える素直な人は信用できますしね!

 

ではまた!