雑記

今すぐトラック運転手から転職した方がいい7つの理由。

トラック運転手を辞めてから、半年間たった今もフリーターブロガーのしょーたろー(@syotaro_blog)です。

 

僕は半年前までトラック運転手を、2年と8ヶ月くらいしていました。

そんな僕があなたにお伝えしたいのは、今トラック運転手として働いてるなら今すぐ転職した方が良いよ、ってことです。

 

僕はちょっとややこしいのですが、元カノのお父さんが運送会社をしていてそのつてで入社したのでなかなか辞めれなかったのですが、そんな事情がないならマジで辞めた方が良いよ、、、

運送会社はほぼほぼどこも歩合給

トラックで荷物を運んだ分だけ、トラックを走らせた分だけ給料に反映される歩合給。一見頑張れば頑張るだけ給料が貰えるので、夢があるように見えますよね?

でもよく考えてみてください。

大きな病気や怪我で入院してしまったり、親族の冠婚葬祭で休まないといけなかったり。
いろんな事情で休まざるおえない時ってあると思います。

 

普段から走った分だけの歩合制なので、当然休んだら休んだ分だけ給料はなくなります。

で、普通は皆さんご存知「有給休暇」を使って、休むと思います。ですが運送業界は基本働いた分だけお給料が出る。

つまり働かなかったらお給料は出ないんですよね。

まぁそんな時のための有給休暇なんですが、みんなが聞いたことあるような大手の運送会社は例外かもしれませんが、その辺の地元の運送会社には有給休暇なんてほぼほぼありません。

読んでくれている人がトラック運転手だと思うので、これは皆さんもご理解いただけると思います。

 

そりゃ業界によっては他にも有給休暇取りづらい所とかはあるかもしれませんが、ほぼほぼそんな制度がない業界が運送業界です。

何かあってから、急に給料なくなったら大変!

腰の爆弾は一生のお付合い。

トラック運転手をしていると、長い時間座席に座りっぱなしだし、荷物も重たい物や大きなものを運びます。

ということは常日頃の業務で、ずっと腰を痛め続けるんですよね。

僕は2年8か月も居ましたが、幸い若さからか腰を痛めることはありませんでした。
ですが先輩社員の人や、後から入ってきても僕よりもずっと年上の人の半分以上が腰を痛めていました。

 

これってえげつない事実ですよね?

腰って一回痛めちゃうと、癖がついて再発しやすいんですよ。
ということは腰痛めた後に仕事辞めたとしても、ずっと腰に爆弾を抱えて生きていくことになるんです。

腰なんて何をするにしても重要な部分なので、爆弾を抱えてしまう前に辞めちゃいましょう。

腰を痛めたら一生その爆弾を背負ってしまう。

事故ったら全部終わり

今すぐ転職した方がいいい一番の理由がこれですよね。
実は僕自身、トラック運転手を辞めた原因は交通事故でした。

僕の場合は半年間で二回も事故を起こしてしまって、会社に帰ったら退職届書けと言われて書いて辞めました。

事故ったら運転手としての信用もなくなるし、その時積んでいた荷物の弁償も、相手方の車の修理費用、治療代ももちろん払わなくてはいけません。

 

そして本当かどうか知りませんが、保険で払えるはずなのに、「その分保険金が上がるから実質全部自腹みたいなものなんだ」と怒鳴られまくりました。

そして事故った月は給料から20万引かれて退職しました。

 

そのあと僕は就職しようとした時もありましたが、当然免許の停止が来ます。

しかも事故から1ヶ月経ったあとに講習を受けて、そこから1ヶ月免停になるので、車社会の香川県に住んでいる僕は実質2ヶ月転職活動ができない状態でした。

そしてトラック業界って横のつながりが広いらしくて、事故ったことはすぐに広まるそうです。だから事故った人間を雇ってくれる会社もないらしくて、同じ職に就こうと思っても難しいそうです。

事故ったら、職も信用も交通手段も給料も就職先も1つ失うから、事故る前に辞めよう!

転職に有利なスキルが身につかない

運転技術は確かにいるかも知れませんが、正直トラック乗ったことない僕でも普通にできたので全く秀でた能力じゃないです。

トラック運転手の方には嫌な思いさせるかも知れませんが、正直運転して荷物積んで下ろすだけのお仕事です。

免許と健康な体と体力さえあれば誰だってできます。

そんな仕事を20年してました!と言われた所でなんの強みもないです。

 

我慢強そうとか体力ありそうとかは思われてもそれだけです。
じゃあこのままトラック運転手続けるわ、って思うかも知れませんがさっきも言ったように事故ったらまたトラック運転手になるのさえ難しくなります。

かといって100%、1000%事故らない!なんて人はこの世にいません。

いつ転職に不利になるか分からないからこそ、早めに転職するべき。

休みが死ぬほど少ない

大手の運送会社は当てはまらないと思うんですけど、それ以外の大きくない会社なんて週休2日は珍しいと思います。

僕が働いてた会社も週休1日で、祝日もGWも大晦日も関係なかったです。(お盆とお正月申し訳程度にはありましたw)

マジで年間休日で考えると60日くらいじゃないですかねw

趣味の時間を作り出すのがなかなかしんどかった記憶がありますw

 

まぁ好きで運転手やってるとか、独身とかなら別にいいと思うんです。
でも結婚する気があったり、お子さんがいるなら転職するべきですよね。。。

お子さんの行事に全部参加してくれなかったりとか、子供さんと遊ぶ時間がなかったりとか。そういうの子供は意外と覚えていますよ。
周りと比べて寂しくなったりもしますから。。。

 

あと単純に過労で体調崩しますよね。
そしたら有給休暇なかったら、また給料も減って、、のループに入っちゃいますからね。

結婚やお子さんの事、体調の事を考えても早い方が吉。

業務時間外の業務がかなり多い

トラック運転手としての業務をこなして、その日仕事を終えて。
そのあとにもたくさん業務があるのがトラック運転手です。

トラックの洗車や、オイル交換などのトラックの整備。

洗車手当とかで数千円は貰えてましたが、トラックてそもそも大きいので一回洗うのに丁寧にやると1,2時間平気でかかりますw

そして休みが少なくて働く日が多いのでその分トラックは汚れます。その度に洗います。時給換算したらなかなかひどいものになりますよね。。。

 

オイルの交換やトラックの整備とか、正直僕は全くわからなかったので社長にやってもらってましたが、他の従業員はみんな自分でやってました。
こっちに至っては無償でしたw

普通なら残業手当つきますからね。

これだけ見てもトラックの運転手してて、かなりアホらしかったですw

そして何より、しんどすぎる。。。

もーね、トラック運転手ってしんどい!
めっちゃしんどいんよね!

朝は3時半、4時起きとかやしそこからひたすら一人で長時間運転するわけですよ。
めちゃくちゃ眠いんですよね。。。

僕が事故したのも眠さが原因でした。

 

普通に仕事しても7、8時間かかって帰ってきたらトラック洗ったりして仕事が終わって。家帰って飯食って風呂入ったらもう寝ないとまた明日寝不足になります。

なかなかハードな日々です。

これで休み少ないから、マジで体壊す。

マジでいますぐ転職するべき。

マジで自分がトラック運転手辞めたから言えるけど、もっと楽な仕事腐るほどあります!
給料だって一昔前は良かったんでしょうけど、今のトラック運転手なんて普通の会社員と変わりません。

辞めるならマジで今!

 

でもトラック運転手って転職に有利なスキルがないし、休みが少ないし夜は早く寝ないといけなくて時間が取れないですよね?

そんな人には「doda(デューダ)」がオススメです!

転職サイトdodaって?

転職サイトのdodは転職者満足度はNo1の転職サイトです。

何で満足度が高いかというと、普通一人で悩んで転職先を探しますよね?でもdodaには「エージェントサービス」というサービスがあって、一人で悩まなくていいんですよね!

というのもエージェントサービスを利用すれば、転職のアドバイスをくれるアドバイザーさんがついてくれます。
そしてその人を通して、自分が求めている求人の紹介をしてくれたり、応募企業に合わせた書類の添削をしてくれたりします。

さらに転職活動における手続きを代行してくれたり、収入面などの気になる点も変わりに交渉してくれます!

 

転職への有利なスキルないと一人でどうしよう、、、

と悩んでしまいますが、専門の知識を持った人が相談に乗ってくれると安心ですよね!

最後にまとめ!

今トラック運転手を辞めようかなー、って悩んでいる方は今すぐ辞めた方がいいです。

また今度でいいかなー、なんて後回しにして事故でも起こした時には手遅れです。腰を痛めてもそうです。
悩んでいるなら求人ちょっと見てみるだけでも、やる気が出るかもしれませんよ!

①歩合給で有給休暇が無いから、何かあったら急に収入減

②腰の爆弾は一生のお付き合い

③事故をしたら本当に全て無くなる

④転職に有利なスキルがつかない

⑤家族のためにも、自分の体のためにも休みは必要

⑥業務時間外の業務が多すぎ

⑦体力的にしんどいくて本当に体壊す可能性が高い

元トラック運転手の僕としてはなるべく早い、転職をお勧めします。