引きこもり・コミュ障

コミュ障でも失敗しないバイト選び!ポイントはたった1つだけ!?

どーもコミュ障ゴリゴリ時代の僕が、何個もバイトばっくれたせいで地元のお店何軒か行けなくなったけど今日も元気にブログ書く系ブロガーのしょーたろー(@syotaro_blog)です。

 

「アルバイトしたいけど、コミュ障だから怖い。」

「コミュ障だからあまり話さないアルバイトがいいな。」

「コミュ障に向いているアルバイトってなんだろう。」

 

上のようなことをコミュ障の人は思いますよね。
僕も実際そうだったので痛いほど分かります、、、

 

僕はこちらの記事でも書いてますが、コミュ障なのに居酒屋のバイトをして作り笑いができずに辛い経験をしたこともありますからねw

 

そんなコミュ障ゆえにアルバイトで辛い思いをして、何個も何個もバイトをばっくれてきた僕が見つけたコミュ障でも失敗しないバイト選びのポイントをお話ししていきます。

コミュ障でも失敗しないバイト選びのポイントは人間関係のみ!

僕もコミュ障ゆえに辛い思いもしてきたし、何度もバイトをばっくれてきたのではっきりと言えますが一番大事なのは人間関係です!

 

というのもさっき紹介したマジで僕が辛い経験をしたバイトは居酒屋の店員なんですが、今やってるアルバイトも同じ業態の居酒屋の店員さんですw

でも今の職場は1年8ヶ月くらい続いています!

じゃあその差はなんなのかというと、人間関係なんですよね〜。

 

業務自体は同じ居酒屋の店員だったので、大きな差は正直ないです。

でも辛い思いをした居酒屋は態度だけはでかいけど、全然仕事しない男子高校生が多かったです。それを見て僕はイライラするものの、コミュ障だしチキンだったので何も言わずにお仕事してました。

正直その高校生がいなかったら何とかそのまま続いていたかもしれませんが、耐えられなくなってやめました。

 

それに反して今のバイト先の居酒屋は、店長もバイトの子もすごくみんないい子で、明るいし真面目にお仕事するし、失敗した人を責める風潮も0。
マジでコミュ障でも働きやすい職場です。

「人間関係良かったら続くのは当たり前やろ!それをバイト前から知れたら苦労せん!」

っていう声もあると思うので、僕なりの事前に人間関係を知る術についてもお話していきます。

事前に一度訪れて、店員さんを注意深く観察する。

地道かも知れませんが、マジでこれが一番確実で手っ取り早いです。

飲食店さんなら1回食べに行くし、コンビニなどなら自分がシフトに入りたい時間帯にお店に行ってみます。そしてその時に

「どんな人が働いているのか」

「どんな雰囲気なのか」

「どれくらい忙しいのか」

をチェックします。

 

自分と同じ年くらいなのか、離れた年の人なのか。
ヤンキーっぽいか、おとなしそうか。

和気藹々と話したりしているのか、みんな物静かに仕事しているのか。
暗い顔で仕事してるか、笑顔なのか。

自分が入りたい時間帯はどのくらい忙しいのか、その時間帯に働いている人はどんな人か。
忙しさに対して人数は足りてそうか。

 

いろんな点をチェックすることをお勧めします。

 

僕はこれで入れそうなアルバイトを絞って、その中でも自分が続けられそうなアルバイトを選んで1年以上続けたこともありますのでかなり効果的かなのと思います。

最悪ダメでもやめればいい。

ここまで事前の準備をして入ってみても、意外とその会社自体がクズだったってパターンもあるのでそういう時は躊躇せずにやめましょう。

アルバイトは辛い気持ちを押し殺しながら続けるようなものじゃないです。嫌だなぁって思ったらやめましょう!

いくらでも他にアルバイトはあると思うので、やめても何の問題もないですからね。

失敗しないためには事前の観察を!

時給や通勤距離的にもいいなぁ、って思ってもコミュ障だからってビビってるなら一度見に行ってみましょう。

ご飯食べに行ったり、買い物しに行っただけでは怒られることはありませんからw

 

コミュ障だからってビビらずに、続けれそうな環境で続けていきましょう。

事前にお店に行ってみて、どんな人が働いてるか、どんな雰囲気か、どれくらい忙しそうかを見極めてからお応募しましょう!